足羽 翼(あしわ つばさ)さん

足羽 翼(あしわ つばさ)さん
足羽 翼(あしわ つばさ)さん足羽 翼(あしわ つばさ)さん足羽 翼(あしわ つばさ)さん
※小さな写真をクリックすると大きく表示されます

【足羽 翼(あしわ つばさ)】
1987年生まれ。「-Cafe Restaurant Bar- ドドド」のスタッフである。

商店街を歩いてくれるだけで、お店の人にとってはありがたい事

アザラシ:今日は足羽さんに、若者が地方で働く(残る)という事を中心に、色々なお話を伺いたいと考えています。まずは、四日市商店街に対する想いからお聞きしてもよろしいでしょうか?
足羽:小さい頃母親に連れられて商店街を歩いた記憶があります。僕がはしゃいであっちこっち行ってしまうんで母親に叱られましたね(笑)。
一番深く残ってる想い出としては、駄菓子屋さんの前で母親にお菓子をねだっていたら、お店の人が「あげる」と言ってくれて…。「いただいてばかりじゃ悪い」って言って母親がそのお店でお菓子を買ったんです。子供心的には「2つ食べれてラッキー」って感じです(笑)。そんなエピソードもあったりで、どこのお店の人も本当に温かった印象があります。実際に自分のお店で買い物してくれなくても、商店街を歩いてくれるだけで、お店の人にとってはありがたい事だと、今自分が四日市商店街で働いてみてわかりました。そう思ってもらえるためには、受け入れる側・来てもらう側の心遣いっていうのが重要になってくるんじゃないかなと思います。
そういった部分を僕達若い世代が受け継いでいきたいと考えています。

アザラシ:確かに…店員さんの心遣いを肌で感じると、その人に対しても、そのお店に対しても好感が持てますね。…料理の味よりも店員さんの事ばかり記憶に残ったりして(笑)
足羽:そこは料理の味も覚えていてほしいんですけどね(笑)。でも、接客で好印象を持ってもらえて、次に来店してもらった時に、料理の味を気に入ってもらうっていうのもアリだと思うし…。逆に言えばそういった意味で、自分とかにもすごい責任があると思う。

アザラシ:スタッフ一人一人の心でお店が形成されていくんですね。
次にドドドに対しての想いはどうでしょうか?

足羽:ドドドに対しては、自分を育ててくれたという想いが強いですね。当時は特にしたい事も見つからなかったのですが、そんな自分に居場所を与えてくれたと思っています。社会人としても人間としても、成長させてくれる場ですね。これからもこのお店で働いて成長していきたいです。

アザラシ:スタッフが成長していって、お客さんが増えていく、そしてそれによってお店も大きくなっていく…なんか理想的な関係に思えますね。
足羽さんはまだまだお若いと思いますが、若者が地方で働く事について、何かお考えはありますか?

足羽:ん〜…あんまり深くは考えた事はないですね(笑)。でもどこで働くにしろ、若いうちは全力で仕事に向かい合ってほしいし、新しい事にも積極的にチャレンジしていってほしいですね。どんな職種にしろ、若いっていう事はそれだけで可能性があるし。特に地方に関しては、元気な若者が盛り立てていってほしいですね。
すべてが上手くはいかないとは思うけど、全力で打ち込んだ結果の失敗だったらそこまで苦じゃないと思うし。反省するのは失敗してからでも遅くはないと思う。その後だったら、上司や先輩のアドバイスを真摯に受け止める事も出来ると思いますしね(笑)。

アザラシ:全力で打ち込んだ後に、アドバイスが耳に入りやすいというのはすごく納得しました(笑)。最初から決められているのではなくて、選択肢を探す作業から始める事が大事になるというか。
足羽:もちろん、上司・先輩が仕事しやすいような環境を整えていく事はしっかりしていかないといけない。そうやってお互いが想える事が大切であって、それによってよって良い職場ができていくと思います。今考えると、そういった面で自分は恵まれた環境で働かせてもらってると思いますね。

アザラシ:では、最後にメッセージをいただけますでしょうか?
足羽:とにかく、出来るだけ好きな仕事に就いて「働く」という事に向き合っていってほしいですね。やっぱり100%上手くいかないとは思いますけど、失敗してしまっても次に活かしてほしいし、すぐめげないでほしいです。嫌な事ばかり続く日もあるかもしれないですけれど、誰かに感謝されるっていう事も必ずあります。その時の気持ちを大切にしていってほしいです。

米子の商店街に関しては、昔からの商店がなくなったりしてしまって、寂しいような事を言われる事もありますが、なくなっていく数と同じくらい、それ以上にお店が生まれてきている事。志のある人間が集まっている事に注目してほしいです。そして、自分もそのコミュニティを彩る人間の一人でありたいです。

アザラシ:本日は貴重なお話をありがとうございました。

足羽 翼
名前 足羽 翼(あしわ つばさ)
年齢 24歳
生年月日 1988年3月20日生まれ
働いている街角 ドドド -Cafe Restaurant Bar-
18歳の頃から四日市商店街内のドドドで働き始める。当初はホールスタッフとして働いていたが、今ではバーカウンターを担当する事も多くなった。現在はドドドの主任となり、若い力でスタッフを引っ張っている。

足羽 翼(あしわ つばさ)さんが働いている街角

ドドド -Cafe Restaurant Bar-
米子での遊び方を私達に提供してくれる、利用者のファッションになる飲食店

鳥取県米子市四日市エリア その他の街角

LAND&YEARS(ランドアンドイヤーズ)
昼は木漏れ日、夜はキャンドルの灯りが私達を迎えてくれる。

「働く」を考える街角works

安田 真琴(やすだ まこと)さん
街角works第2弾は安田 真琴(やすだ まこと)さんを取材しました!高校時代まで山陰・鳥取県で過ごし、大学・院生時代は大阪へ。そして就職で東京へ旅立とうとしている彼女のリアルを追います。

ページ上部へ