Orang Laut(オランラウト)

Orang Laut(オランラウト)のアボカドの生春巻き
Orang Laut(オランラウト)のアボカドの生春巻き Orang Laut(オランラウト)の和風ロコモコ Orang Laut(オランラウト)の店内 Orang Laut(オランラウト)の外観
※小さな写真をクリックすると大きく表示されます

そこは、Orang Laut(オランラウト)という名の楽園

南国のリゾート地を彷彿させるレストラン・カフェ・バーのOrang Laut(オランラウト)。日本海と言えば、海水の色も濃くて波も強くて、リゾート地とは程遠いのだが(好きな方はごめんなさい)、そんな日本海が見違えて見える。

食べログの鳥取県カテゴリーで上位を維持しているOrang Laut(オランラウト)は、立地条件が決して良いとは言えないながらも、鳥取県米子市では有名な飲食店。元々は和食料理店だったらしいのだが、劇的なリノベーションを経て今に至る。

Orang Laut(オランラウト)のメニュー

Orang Laut(オランラウト)のメニューをいくつか紹介しようと思う。イチオシは、メニューにも大きく掲載してあるロコモコ丼。ハワイアン・ロコモコと和テイストのロコモコの2種があり、どちらも異なる味ながらも、美味しい。ハワイアン・ロコモコの方は、ハンバーグにデミグラスソースがかかっており、贅沢さを感じながらも食べやすくジューシー。他にも、民族系の料理が揃っている。グリーンカレーは、チキン・エリンギ・しいたけ・しめじ・パプリカ・にんじん・じゃがいも・揚げ茄子が入っており、ココナッツミルクの味とスープで、本格派なグリーンカレーに仕上がっていて、やわらか〜いナンをつけて食べる。マグロとアボカドのサラダは、マグロとアボカドが絶妙な味を醸し出している。アボカド好きの人は、食べてしまうのが勿体ないくらいのサラダ。

魔法のビーチに変えてしまう、ビーチサイドレストラン

南国のリゾートは、いつでも私達を迎えてくれる。それは、営業時間の長さにある。8時から11時まではモーニング営業をしており、11時〜14時まではランチ営業。そこから23時半のラストオーダーまで空いているのだ!朝方、太陽が昇ると共にOrang Laut(オランラウト)は営業を開始し、昼下がり、弓ヶ浜の砂浜の砂が熱した頃にはランチとお茶を…。夕暮れ、サーファーが波との戦いに疲れた事に癒しの料理を。夜、月灯りが辺りを照らす頃、穏やかで寄せては返すさざ波のように、ひっそりと店を閉める。

ずっと前から気になっていたんだ。431号線を通る時に見える、淡く光るあの青い看板が。
ずっと前からそんな気がしていたんだ。431号線を通る時に見える、駐車場に止まっている車の数の多さが、何を物語っているのか。

静かな波の音に耳をすましてみよう。濡れた素足に砂がついて、少しわずらわしいけど、今日は少し我慢してみよう。心地良い風の中、少しだけ無邪気だったあの頃に戻って、足をとられながら歩いてみよう。貝殻を覗いてみれば、未来が見えるかもしれない。

魔法のビーチは、ここにある。解けない魔法をかけたのは、Orang Laut(オランラウト)。

この街角へ行く

店舗名Orang Laut(オランラウト) ジャンルダイニングバー、カフェ、オセアニア料理
住所鳥取県米子市富益町24-8 電話番号0859-28-7484
営業時間08:00〜24:00 (L.O. 23:30) 定休日火曜日
交通手段国道431号「弓ヶ浜展望駐車場」交差点前
弓ケ浜駅から1,146m
平均予算【夜】¥1,000〜¥1,999
【昼】¥1,000〜¥1,999
予約可能席数49席 (テーブル 40席,カウンター 9席)
貸切可(20人以下可、20人〜50人可) official siteOrang Laut(オランラウト)

大きな地図で見る

ページ上部へ