Live&Bar Hasta Latina(ライブ&バー アスタ・ラティーナ)

Live & Bar Hasta Latina(ライブ&バー アスタ・ラティーナ)の店内
Live & Bar Hasta Latina(ライブ&バー アスタ・ラティーナ)の店内 ※小さな写真をクリックすると大きく表示されます

米子の音楽シーンを変えるスポット。

女マスターが言った。「若い頃にこんな店があればいい、ほしい、と思っていた店を形にしたかった。」その言葉通りなのか、このお店は米子の音楽を発信し、米子の音楽シーンを変えてしまう程のお店だ。「支える」なんて言ったら、それは他のスポットに失礼な気がする。でも、Live & Bar Hasta Latina(ライブ&バー アスタ・ラティーナ)の存在感は半端じゃない。イベントスケジュールはチェックしておかないと、たま〜に訪れる大物アーティストのライブを見逃してしまう。ここ米子で大物が訪れる事は、そうそうない。(DACHAMBO、三宅洋平、CRO-MAGNON、Keyco等を呼んだ実績があり。)

地元アーティストの出演イベントも多く、「そういう場を提供している」という意味では、Live & Bar Hasta Latina(ライブ&バー アスタ・ラティーナ)の功績は大きい。もちろん、そういった地元のアーティストもHome Placeになっており、よくよく飲み食いしに来ている。きっと、皆自分の居場所が欲しいんだろうな。でも、どこでもいいわけじゃない。だったら、ここしかないでしょう?幸いにも夜遅くまで営業してるみたい。

店員とお客さんとの距離がとても近く、気さくに話しかけてくれる。これがこのお店の一番の武器かもしれない。こんなにフランクに話せている自分自身に驚いたるする程…。(…自分だけ?)話したくない!という人も大丈夫。そういうオーラを出せば、きっと察してくれます。

音を生み出し、音に溶け込む。

音楽のある風景。音を生み出し、音に溶け込む。それを好きな人にとってみれば、なくてはならないもの。呼吸に等しく、人生そのもの。

楽しんだもの勝ちって言葉があるけれど、それは楽しめる人間のエゴかもしれない。だから、楽しめない人間にこそ味わってほしい。クラブを好きな人間に必要な場所であると同時に、経験した事がない人間に広めたい。その人の感性に大きな影響を与える可能性があるから。別に縦にも横にも揺れなくてもいい、突っ立っているだけでいい。魂がほんの1ミリでも反応してくれたら、それでいい。

シャイでノリ切れないなら、隅っこでお酒飲んでればいい。聴いてないフリも、それまた一興。ただ、耳だけはダンボにしとこう。音が背筋を電流みたいに走って、脳ミソがビリビリする瞬間があるから逃さないでほしいんだ。

この街角へ行く

店舗名Live & Bar Hasta Latina(ライブ&バー アスタ・ラティーナ) ジャンルパスタ、バー、洋食
住所鳥取県米子市東倉吉町134-2 電話番号0859-37-3102
営業時間[月〜土]11:30〜15:00(14:30L.O)20:00〜翌5:00 定休日元旦
交通手段境線富士見町駅から徒歩10分 平均予算【夜】¥2,000〜¥2,999
【昼】〜¥999
予約可能個室
貸切可能 各種パーティOK official siteLive & Bar Hasta Latina(ライブ&バー アスタ・ラティーナ)

大きな地図で見る

鳥取県米子市四日市エリア その他の街角

ドドド -Cafe Restaurant Bar-
米子での遊び方を私達に提供してくれる、利用者のファッションになる飲食店。

ページ上部へ